車が無いと生活できないというのは本当なのか?そんなに免許取るの大変?

 
車が無いと生活できないというのは本当なのか?これは地方限定の話です。
しかし地方と言ってもピンきりでしょう。
山奥に住んでいる人、山奥じゃないけど誰もしらないような町に住んでいる人、または札幌、仙台、横浜、名古屋、福岡など地方の大都市に住んでいる人。
様々なタイプがいると思います。

これを総じて地方として括って何かを断ずることはまず無理ですよね?

まず地方で車がないと生活ができないとされる地域というのは地方の大都市以外のところだと言えます。
山奥はもとより普通の地方都市であれば車がないと買い物も満足にできません。

つまり鉄道やバスがない地域ということになりますね。
そんなところがあるのかと言えば数多く存在しているでしょう。
鉄道やバスはあってもそんなに頻繁に走っていないので買い物に利用することが難しいと言えます。
また買い物の度に交通機関を使うのは大変です。お金的にも難しいでしょう。
自転車で行ける距離に店があれば大丈夫ですがそうでないところもあるのです。

都会の人は免許を持っていない人が多いので障壁がある


最近では都会の人であれば免許を取らない人も増えているとのこと。
どうせ取ってもペーパードライバーなので取らないということなのでしょう。
一昔前であれば就職するのに免許は必須だということで学生の内に取るのが通常でしたが最近ではそうでもないと言えます。
経済的な理由から自動車免許を取らない人も増えているので免許すらない人が車を買うなんていうことは考えもしないでしょう。

特に都内であれば余程お金がない限り、また実家に駐車場がない限りは若い人は車を持てないし持つ必要性もないのです。
そういう人が地方に行くと若い人でも免許は当然持っていて車も自分所有が当たり前なことを知って驚いたりします。
車がある生活が普通でない人にとってはそういうのが常識というのは軽いカルチャーショックを受けるようですね。

自分には車持つなんて無理!免許もそもそもないし!
という空気感。

車を持てばなんてことはない


車を持ってみれば実はそんなに大変でもありません。
最初のイメージでお金がかかると思うのですがローンでも組まない限りは大したことはありません。
要は慣れです。

お金の管理にうるさい人は気になるでしょうが普通の人だったらそんなに出費は気にならないでしょう。
第一、車がある生活は素晴らしいです。
24時間いつでも好きな所に行けます。

車がない人は車がある人に頼まないといけないのですがその気兼ねもありません。
昔は女性がアッシー君を何人か所有していて好きな時に呼びつけるということがあったのですが今では男性が車を持っていなくアッシー君というのは完全に死語になりました。
つまりアッシー君的なものが無くなったということです。

現代は殺伐とした時代なのでアッシー君みたいなことまでして女性にモテたい、振り向いて欲しいと思う男性も極端に減ったと思います。
男女の関わりがすくなったのも車を持たなくなった原因でしょう。

大昔は車がないと女性にモテない時代がありました。
地方では車を持っているのが今でも普通ですがバブル時代なんかは都内でも若者が車を買うのは当たり前だったと言えます。

今後は車を持つ社会ではなくなる


最近のちょっと先進的な考えを持っていると自分で思っている節がある人は「今後は車を持つ社会ではなくなる」と言ったり考えたりしているのではないでしょうか。

それは一理ありますが社会の変化は思ったよりも速度は遅いようです。
確かに表面的な部分は様変わりしているように見えます。しかし社会の基本的な部分はほとんど変わっていないままで車が必要な社会というのは容易には代えがたいです。

また自動車をシェアするという文化は知らない人同士なら良いが同じ日本人同士でというのはやや気持ちが悪い部分が残ります。
日本人の気質としては車をシェアする文化というのは根付かないと思われます。
どうしても自分の車、自分の家が良いという気質があるので中古住宅も余り人気がありません。

人が住んでもどうしても長くは住まず空き家になっていきます。
地方は今や空き家だらけで過疎化が進行しています。
このような状況で果たして都内以外に自動車をシェアするような事態になるでしょうか?
社会学的な怪しげな学問とは言えないような学者の人達が言うことはほとんど根拠がなく、都会の一部では通用しても日本のほとんどの地域では当てはまらないようなことを言ってはメディアでそういった情報を流して、地方民から関心を失わせる事態になっています。

テレビが見られなくなったのは自分達向けの情報ではないと視聴者が思うからで、特に若い世代にとっては今の高齢者向けの低品質なコンテンツとやらの内容に馴染めなくてネットに向かっていくということは当然であると言えるでしょう。

ですから自動車をシェアする時代というのは永遠に来ませんしそれは日本のごく一部の地域でしか当たり前にはならないと言えます。

免許を取るのは大変か?


最後に免許を取るのは大変か?ということですがこれは親の経済力に依存することだと言えます。
子供が社会人になるために親が免許費用を払って自動車学校に行かせられるかどうかで違ってきます。
当然子供が実費で行くケースもあります。クルマ好きで早く車に乗りたいという場合です。

しかしこれは今や稀でしょう。
第一、親世代が子供の自動車学校の費用を捻出できないケースが増えていて子供が自分で稼いで出すというのは困難です。
要するにお金の問題がクリアできれば誰でも免許雨を取ることは可能です。
よく芸能人などが試験に落ちたという話を聞きますがあれは真面目に学校で授業を受けていないからで本来であれば誰でも受かる試験です。
筆記試験が苦手といっても選択問題だったと思いますのでなんてことはありませんよね。

そもそも免許が取れない人は車を運転してはいけません。
そのくらいの努力や知能がないと自動車を運転されても怖いということが社会的な観点から言えるでしょう。

車買取 群馬